忍者ブログ

書簡

太陽の読書記録

2019'04.23.Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2004'08.22.Sun




あさのあつこ著
ジャンル:近未来
好き度:4

<あらすじ>
紫苑の運命を変えたのは12歳の誕生日、雨の日だった。
なぜ、あのとき窓をあけてしまったのか…
エリート街道をまっすぐ進んでいた紫苑は、
瞬く間に市民の下位層に突き落とされたしまった。
そして4年の歳月がたち、紫苑はある事件に巻き込まれてしまう…

<感想>
過去例にないほど、邪推したくなるような主人公達です(笑)
荒廃した世界で、図太く生きる少年たちが魅力的です。
まだ連載中。続きが楽しみです。
PR
2004'03.09.Tue


上橋菜穂子著
ジャンル:和風ファンタジー
好き度:4

<あらすじ>
霊狐の野火は主に命じられて、初めて人を殺した帰り、手傷を負って追われていた。

"聞き耳"の力を持つ少女は、犬に追われている狐を見つけた。手傷を負っているようなので、懐に隠すとそのまま逃げた。

屋敷に閉じこめられている少年は、犬に追われている少女を助けた。見ると少女は懐に傷を負った狐を抱いていた。少年は狐の手当をし、少女と友達になった。

その後、少女と少年は隠れて夜中に会うようになった。狐はそんな2人を隠れて見守った。
しかし、自分のせいで少女の身を危険にさらすわけにはいかないと、少年は少女ともう会わないと告げた。
そして、それから数年の年月が過ぎた…  

<感想>
面白かったですv
時代や国は架空のようですが、舞台としては戦国時代あたりだと思います。
まず、つかみが上手いですね。序章を読んだだけで、物語の中にすんなり入っていくことが出来ました!人物もなかなか好感のもてる感じでv
主人公の小夜は、控えめな感じの少女なのですが、しんは強くて優しい少女です。
相手役の野火は、一途で可愛いです(><)
呪者によって使い魔にされ、主に逆らうことは死を意味するのですが、どうしても小夜を見捨てることが出来ない、という心の葛藤がなんともいじらしくて…v
冒頭部分では小夜の相手役なのかと思った小春丸は、後半はあんまり活躍してくれませんでした…それだけちょっと残念ですね…好きなキャラだったので…

この話、何がいいって、ラストの閉め方がいいと思いますね!
<ネタバレ>
野火が人間になるという、ありきたりな展開ではなく、小夜の方が狐になるというのが、新鮮で気持ちのいい終わり方でした。
[1] [2] [3] [4
«  BackHOME 
積ん読本
ブログ内検索
図書館予約中

書簡 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]