忍者ブログ

書簡

太陽の読書記録

2018'01.18.Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2003'11.01.Sat
黒岩重吾著
ジャンル:歴史
好き度:2

神功皇后の歴史小説です。
簡単にいえば、龍神の娘として生まれた姫がどのように、権力を手に入れたか、という話です。(簡略化しすぎ/苦笑)

黒岩さんの本は私の好きな時代を扱っているものが多いです。
この本の主人公、神功皇后は私が個人的にすごく興味のある人です。
黒岩さんの神功皇后はなかなか格好いい女性でした。
仲哀天皇のイメージはだいぶ違いましたが。
私のイメージでは、ひ弱で他人の顔色伺ってばかりいる頼りない感じなのですが、ものすごく、強引で自信過剰な方として描かれてました。
なんか、こういう本を読んでると、王位継承って、本当に汚い世界なんだな、としみじみ思ってしまいますね。
常にこいつは信頼できるのか、と疑いなくなってしまいます。
なにはともあれ、ちょっと宗教くさすぎたかな、というのが感想です。
この時代の話だと仕方ないかもしれませんが。
(実際、神功皇后は神話上の人物だし)
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[10] [9] [8] [7] [6] [26] [25] [5] [4] [3
«  BackHOME : Next »
積ん読本
ブログ内検索
図書館予約中

書簡 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]