忍者ブログ

書簡

太陽の読書記録

2017'11.22.Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2004'11.01.Mon


恩田陸 著
ジャンル:現代ミステリー
好き度:4.5

<あらすじ>
耽美女流小説家、重松時子が薬物死してから4年…
時子の家「うぐいす館」に集まった、時子の親戚4人と時子の担当編集者。
5人の女性が時子の死の真相に迫る、3日間の密室劇

<感想>
時子の異母妹の静子の告白から始まる5人の心理戦が面白かったですv
腹のさぐりあいが…ね。(ね、と言われても)
私は死体が出てくる本は怖くてあまり好きでなかったのですが、恩田さんの本は薬物死とか、そんなに気持ち悪くない死に方なので、推理の方に集中して読めるのでいいです。

映画バージョンも見てみました。かなり原作に忠実だったのではないかと思います。登場人物のイメージもぴったりでしたv
ラストだけ変えてあったのはどういう意図なんだろうか、と思いましたが。
ラストは映画より原作の方が納得がいきましたね、私は。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[54] [53] [52] [55] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45
«  BackHOME : Next »
積ん読本
ブログ内検索
図書館予約中

書簡 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]