忍者ブログ

書簡

太陽の読書記録

2018'07.23.Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2004'10.15.Fri


北村薫 著
ジャンル:現代SF(かな?)
好き度:4

<あらすじ>
自動車事故にあった林真希は誰もいない世界に閉じ込められた。
毎日3時15分になると、前の日の3時15分に戻されてしまう。
繰り返される一日…すべてが無に帰ってしまう一日を151日間繰り返したある日、かかってくるはずのない電話が鳴り出した…

<感想>
藤野千夜の「ルート225」と似たような状況の話なのですが、
こちらの方が救いがあるので好きです。(というかルート225は怖すぎた)
自分だったらこんな状態に閉じ込められたらどうだろう…と考えると結構怖いものがあります。
一番つらいのは、何も生み出すことができないことですね。
日記を書いても、絵を書いても、詩を書いても、
次の日には全部元に戻ってなかったことになってしまう。
これはつらいですね…
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41
«  BackHOME : Next »
積ん読本
ブログ内検索
図書館予約中

書簡 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]