忍者ブログ

書簡

太陽の読書記録

2017'11.22.Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2005'10.11.Tue


宮部みゆき:著
ジャンル:現代ミステリー
好き度:4

<あらすじ>
東京下町、亡き友人の遺志を継ぎ、古本屋を営むイワさんこと岩永幸吉と手伝いに来ている孫の稔。
彼らの周りで起こった、本にまつわる六つの事件…

<感想>
私は連作短編集が好きなのかもしれません。
とても読みやすくて分かりやすい話でしたv
個人的に好きなのは「うそつき喇叭」
推理自体は、それほど手が込んでいるわけではないのですが、この話の中に出てくる絵本『うそつき喇叭』の内容に考えさせられるものがありました。
うそつき喇叭(ラッパ)が、その嘘によって勝ち逃げしてしまう話なのですが、私はその喇叭が哀れだな…と思いました。
そんな風に嘘を付き続けることしか出来なくて、それを罰せられることもなく人生(と言って良いのか分かりませんが)を遂げてしまうことは「不幸」としか言えないかな、と。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75
«  BackHOME : Next »
積ん読本
ブログ内検索
図書館予約中

書簡 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]