忍者ブログ

書簡

太陽の読書記録

2018'04.21.Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'06.24.Sun

銀の犬
光原百合:著
ジャンル:異世界ファンタジー
好き度:4

<あらすじ>
地位や財産を望まず、音楽の力によってこの世に想い残す魂を解き放つ「祓いの楽人」
声を失ったオシアンと、そのオシアンの祓いを手伝う少年ブラン
彼らが出会った悲しい魂の5つの恋の物語

<感想>
連作短編なのですが、どれもよかったですね。
「この世に想いを残す魂の救済」と言えば察しがつくと思いますが、すべて「悲恋」です。
悲しい話なはずなのに、最後にはどこか温かく優しい気持ちになれる、そんな話です。
特に一話目「声なき楽人」が好きです。殺されて魂が彷徨い続けながらも、音楽を愛し、彼女を愛した彼が、とても愛おしくて…思わず「バカ!」と叫びたくなってしまうくらい、不器用で優しくて人の良い、そんなキャラクターに弱いです。
あと、最後の「三つの星」。これが一番やるせなくて切なかったんですけど、読後は一番気持ちがいいかも。
ちょっと『戒』(小川歩)に共通する部分があるかな、と思いました。
「三つの星」というタイトルも、読後に見ると切ないです。

肝心のオシアンとブランの出会いや、オシアンがなぜ声を失ったのか、などまだまだ謎がいくつも残されています。
シリーズとして是非とも続けて欲しいなと思います。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[110] [109] [108] [107] [118] [106] [105] [104] [117] [103] [102
«  BackHOME : Next »
積ん読本
ブログ内検索
図書館予約中

書簡 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]