忍者ブログ

書簡

太陽の読書記録

2018'06.24.Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006'01.01.Sun


伊坂幸太郎:著
ジャンル:現代ミステリー
好き度:4.5

<あらすじ>
異父兄弟の泉と春。
春は母親がレイプされたときに出来た子ども。
二人はとても仲が良く、いつも一緒だった。

壁に書かれた落書きと放火事件の関連性を追ううちに、泉は弟の心の葛藤に気付き出す…

<感想>
家族とか、血の繋がりとか、遺伝とか…いろんなことを深く考えさせられる話でした。
突拍子もない自分だけの哲学を持った春に、自分ではごく普通と思っているようだけどどこか他の人とずれている泉、そして世の「親」の鑑と言える(と私は思う)父と母。
いい家族だな…と思います。
春はガンジーのことを心の底から尊敬していたようですが、おそらく「この世で一番尊敬している人間」は「父」だったのだと思います。
父の最後の台詞にはぐさりとやられました。

あとは、春の「赤の他人が父親顔するんじゃねえよ」
これもすごく好きなセリフです。前の方の女子高生のエピソードがあるからこそ、このセリフの持つ「意味」が伝わってくるんです。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83
«  BackHOME : Next »
積ん読本
ブログ内検索
図書館予約中

書簡 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]