忍者ブログ

書簡

太陽の読書記録

2018'04.21.Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006'03.21.Tue


あさのあつこ著
ジャンル:現代ミステリー
好き度:3.5

<あらすじ>
十六歳の永見明帆は、同級生の藍子とつきあっていても冷えた感情を自覚するだけ。唯一、彼が心に留める存在は藍子と同じアパートに住む彼女の幼なじみ、柏木陽だった。藍子の様子がおかしい?そう気づいたある日、母親とけんかした陽が突然泊めてくれ、と訪ねてくる。その夜半、陽のアパートが火事で全焼、藍子も焼死体で発見される。だが、それは単なる事故ではなかった。真相を探り始めた彼らに近づく、謎の存在。自分の心の奥底にある負の部分に搦め捕られそうになる、二人の少年。十代という若さにこそ存在する心の闇を昇華した、著者渾身の問題作。
(「BOOK」データーベースより)

<感想>
冒頭から物語に引き込まれて一気に読んでしまいました。
ただ、ラストは消化不良気味。
題材はいいだけに、すべて解決されていないというか、伏線が伏線で終わっているところが目に付きました。
なんとか無理矢理終わらせた感があるのは、続編を書くつもりだからなんでしょうか?
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[96] [116] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86
«  BackHOME : Next »
積ん読本
ブログ内検索
図書館予約中

書簡 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]