忍者ブログ

書簡

太陽の読書記録

2018'11.13.Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2005'01.25.Tue


宮部みゆき:著
ジャンル:現代ミステリー
好き度:4.5

<あらすじ>
復讐を果たすため、射撃用の銃を持って元恋人の結婚披露宴へ乗り込んだ慶子。
あるひとつの目的を果たすため、慶子の銃を奪い金沢へ向かう織口。
織口の暴走を止めるため、慶子の持つもう一つの銃を手に、あとを追う修治と憲子。
ヒッチハイクしていた織口を拾い、入院中の妻を見舞うため深夜息子と車を走らせる神谷。

2つの銃がもたらす結末とは…

<感想>
序盤からぐいぐい引き込まれました!個人的にすごく好きですv
最後の神谷の「我々は、被害者同士で殺し合い、傷つけあったような気がしますね。」
このセリフが胸にじーんときました。こういう誰を憎んだらいいのか分からない事件って、現実にもいっぱいあるけど、やりきれない気持ちになりますね。(一番悪かったのは慶子の元恋人のような気もしますが)
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [115] [57] [56] [119
«  BackHOME : Next »
積ん読本
ブログ内検索
図書館予約中

書簡 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]