忍者ブログ

書簡

太陽の読書記録

2017'11.22.Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2004'02.17.Tue


フラヴィア・ビュジョール著
ジャンル:異世界ファンタジー
好き度:3.5

<あらすじ>
14歳の誕生日を迎えた日、まったく違う生活をしていた3人の少女、ジャド、アンブル、オパールはそれぞれの家族から、不思議な力を秘めた石を渡される。そして、いにしえの予言に従い、3人はこの世に<自由>を取り戻すために冒険に出かける

<感想>
この本はフランスの13歳の女の子が書いたそうです。
「子どもが書いたから」という価値以上のものがあると思いました。
個性的で、なおかつ、少し風刺も込められた世界観や共感のもてる登場人物の作り方は見事だと思います。
ストーリーの主なテーマは<死>そして、<正義と悪の闘い>なのですが…うーん、微妙に私の考えとずれていてしっくりこない部分があるのですよね。
途中、ストを起こした死に神を説得するシーンがあるのですが、ちょっと説得力に欠けるかな、と。
正義と悪については…これは語り出すと長くなるんで、多くは言いませんが、
「正義の中にも悪はある、悪の中にも正義はある」
その通りなのですが、それだけではないと思うのですよ。悪と正義って、そんなに簡単に分類できることなんでしょうかね。
そこのところが、やっぱり西洋思想だな、と思ってしまいました。
(別に西洋思想が悪いと言いたいわけではないです。私の考えとはずれがある、ということです)
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[21] [20] [19] [27] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12
«  BackHOME : Next »
積ん読本
ブログ内検索
図書館予約中

書簡 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]