忍者ブログ

書簡

太陽の読書記録

2018'05.21.Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2005'04.22.Fri


岡島二人:著
ジャンル:現代ミステリー
好き度:5

<あらすじ>
上杉彰彦はゲームの原作者として、イプシロン・プロジェクトの疑似体験ゲーム「K2」のモニターをすることになった。
もう1人のモニター高石梨沙と共に、ゲームに熱中する上杉だが、ある日梨沙が突然失踪したことで、イプシロン・プロジェクトに疑問を感じ始める。
上杉は梨沙の友人、七美と共に真実を見つけるため捜査に乗り出す…

<感想>
めちゃくちゃ面白かったです!
実はこの作品は96年にNHKでドラマ化していて、私は当時、恐いけど面白いこのドラマが大好きで、毎週(毎日だったかも?)楽しみに見ていました。
原作があると知ったのはそれから2年くらいたってからだったのですが、なかなか本が見つからず、最近大学の図書館で発見して読んでみたんですv
そしたらもう!
ドラマと多少違う設定のところもありますが、やはりドラマよりも本家のこちらの方がしっくりいきますねv
私はドラマを見て、いろいろなからくりを知った上で読んでいましたが、何の先入観も持たずに読んでいたら絶対「やられたー」と思ったと思いますね。

「中なのか外なのか…」
物語自体がまさに「クラインの壷」
結局、ラストは中なのか外なのかどちらの場合もありうると思いますが、「外」という結末の方がより怖いですね。
このまま科学が進めば、こういうことも絶対にありえない話ではないと思うと恐いですね…
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64
«  BackHOME : Next »
積ん読本
ブログ内検索
図書館予約中

書簡 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]