忍者ブログ

書簡

太陽の読書記録

2018'07.23.Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006'06.01.Thu

恩田陸:著
ジャンル:現代ミステリー
おすすめ度:4

<あらすじ>
裏返されたら、どうなる?正体不明の存在「あれ」と戦い続けてきた一家。最後のプレイヤーとなった娘が誘い込まれたのは、罠と嘘の迷宮だった。
(「BOOK」データベースより)

<感想>
常野物語第三段。『光の帝国』の「オセロゲーム」の続編です。
賛否どちらかと言うと否の評価の方が多く聞こえた作品ですが、個人的には結構好きです…。
常野物語と言うより、『球形の季節』の雰囲気に近い気がします。
『球形の季節』は、初めて読んだときは正直よく分からないというか、あまり面白いとは感じなかったのですが、美少年論を書くために「藤田晋」に注目して読んだら、すごく面白くて……
その経験があったせいか、今回の『エンドゲーム』も、火浦に焦点を当てて「翻弄する美少年」「傷を負った美少年」を念頭に置きながら読んだら、なかなか奥深いものがあって面白かったです。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[99] [98] [97] [95] [96] [116] [94] [93] [92] [91] [90
«  BackHOME : Next »
積ん読本
ブログ内検索
図書館予約中

書簡 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]